のぼりを使用するかの判断

全面的にのぼりを進めている人もいますが、正直なところ全ての店でのぼり旗が適用されるべきではなく、その店に適していると判断した場合に使うのが良いと思っています。

フレンチだろうがイタリアンだろうが和食だろうが中華だろうが、その店の佇まいや雰囲気に合っていれば、のぼり旗を使用して宣伝することは望ましいのです。

また、のぼりを使用する際は、どのような店なのか分かる様なデザインにする必要があります。

チェーン展開しているような店であれば、のぼり旗を出して宣伝するのも良いと思いますし、その店の価格相場が分かるように値段を記載しておくのも良い方法です。

外食する人の半数ぐらいは衝動的に店を探して店内に入ろうとしますので、のぼりでメニューの紹介や商品価格を記載しておくことで店内に入り易くなります。

ただ、先ほども言ったように、のぼりに価格を載せる事で店の雰囲気が壊れてしまうような場合は注意して下さいね。

せっかく高級な店で贅沢を味わいたいと思っているのに、のぼりに「半額」などというようのぼり旗を立てる事で、ガッカリさせてしまわないようにしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ