フグ料理屋のぼり

日本では古くから親しまれている「のぼり」ですが、お店の入り口で周囲からよく見えるところに掲げています。

ちなみに、東京にあるフグ料理屋さんに行くと、いつも必ずのぼりが立てられています。

これは店の宣伝にもなっていますが、今では店の看板的存在ですね。

この店は10年ぐらい前から利用しているのですが、味はもちろん、大将と女将さんの人柄が非常によく、いつも店を出るときは気持ち良く帰れます。

集客する為の効果を考えたりしていた時期もあるようですが、のぼり旗を掲げているのは先代からの受け継がれている事なので、止めるわけにはいかないようです。

のぼり旗も定期的に新しいものに取り換えているようです。

時代を経て、経営する人物は変わりましたが、店に対するハートや、受け継がれて来た旗など、そこには昔から変わらないフグ料理店があります。

久しぶりに食べに行きたくなってきました。

何だか良く分からない内容になってしまいましたが、のぼりに付いてのブログを描いていたらフグ料理屋の事を思い出しました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ